らくらく化学実験_表面張力 界面活性
つまようじスイスイ
 つまようじ先に石けんをちょっとつけて水に浮かべると、水面を少しずつ進んでいくのがわかります。
「手 順」
  1. 水槽にチョークの粉やコショウなどをふりかけておく。
  2. つまようじの先に石けんをちょっとつけて、静かに水槽に浮かべる。
コショウの粉をかき分けるように進んでいく。 アルミホイルでくるんでセッケンの分散を押さえてみた。
動 画:表面張力による推進力

「注意と工夫」
  1. 石けんをつけた後、画像のようにアルミホイルでくるんでおくと、推進力の方向が安定するようです。
  2. やり直す場合は、水を換え、つまようじ新しいものを使うようにします。
  3. つまようじが動いている間も、チョーク等の粉を振りかけ続けてみます。すると、石けん分子が拡散して、推進力が生まれる様子を視覚的に捉えることができます。
  4. 下画像のような円形の画用紙で回転運動を観察することもできます。
「解 説」
表面張力による推進力
 付着させた石けんが水の表面張力を減じるので、つまようじが水と一緒に逃げる方向への推進力が生まれます。石けん水が後方に石けん水を噴射(?)して感じに見えますが、ようじが水に引っ張られて逃げていくわけです。昔、樟脳ボートというのがありましたが、これは同様の原理です。木切れや発泡スチロール等、水に浮かぶ素材ならいろいろ工夫応用が可能でしょう。

  右画像:ピンク色の部分に石けんを付けた

 動 画:左向きにゆっくり回転する
   関連実験ページ:銅線アメンボどうして浮くの
   関連実験ページ:逆さまコップ、まさか?
科学手品ファンクラブ(外西俊一郎 成美堂出版)
トップページへ戻る→
編集:山田暢司