「らくらく化学実験」

ナイロン合成_高分子化合物 縮合重合 合成繊維
    
    <とんでもナイロープ_ナイロン合成>

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
「準 備」
 セバシン酸ジクロリド(塩化セバコイル)1.5mL  ヘキサン17mL  ヘキサメチレンジアミン0.7g 約1mol/L水酸化ナトリウム水溶液 フェノールフタレイン ピンセット アセトン
「手 順」

この実験についての詳細「準備・手順・注意・工夫」等については、関連の研究大会等で資料・データ等を配布していますので、その機会をご利用下さい。以下、参考資料のみ掲載します

  

<動画:ナイロン巻き上げの様子>
 

「注 意」
 @Aの薬品は手についたらセッケンで洗うこと。
「演 習」
  1. セバシン酸ジクロリドとヘキサメチレンジアミンの反応について
    1. 化学反応式(構造式)で表しなさい。ただし、式は長いので2列に描き、重合度はnとすること。
    2. 生成物は6,6-ナイロンと呼ばれる。その理由を化学反応式中に図説しなさい。
    3. 反応に際し、基本となる分子構造1単位あたり、平均いくつの縮合反応が起こっているか、図説しなさい。
  2. 手順の3で、界面が現れるのはどういうことか?極性と密度の観点から図説しなさい。

          番 氏名            
********************************************
トップページへ戻る→
編集:山田暢司