<らくらく化学実験>

松かさ in the bottle  種隣


罪作りな炭つくり
の実験で余った、松かさで遊んでみる。画像をよくご覧あれ。大きく開いた松かさが、口の細まったビンの中に!どうやって入れたのだろう?

「手 順」

 手順も何も、実験であまった松かさと、やや口の細まったガラスビンがあればOK。
松かさを水に浸しておくと、不思議なことに、ひだひだ(種鱗)が閉じてスリムになってしまう。気の短い人はお湯に浸すと、ものの数分で松かさは見事「ダイエット」を完遂。数日放置しておけば、かさは広がるが、急ぐ場合は、ドライヤーを使うと良い。

水分を含んでスリムになった


ガラスビン中で開いた松かさ


「解 説」
 かさかさになって乾いている松かさを水にふやかしたわだが、意外にもふやけふどころか、ひだひだは閉じてスリムになってしまう。要するに、物は水にふやければ広がるという先入観が前提にあるから、ビンの中にどうやって入れたのだろうという発問ができるわけ。
 散歩などでたまに見かける松ぼっくりの中には、閉じているものがあって、まだ熟していないものがあるのだと思われがち。しかし、松の種には翼がついていて、天気の良い日に、風にのって運ばれるようになっている。雨の日には松かさを閉じて、種を守っていることになるわけだ。
 参考にあげた図書には、同様にタンポポの綿毛をガラスビンに封入する実験(?)も紹介されている。。子ども相手の物作りとなっているが、高校生くらいでも大受け間違いなし。

関連実験ページ:松かさ炭になってかさかさ
関連実験ページ:プロペラ紙トンボ    


「確認演習」
  1. 乾燥すると松かさが開くことの意味を説明しなさい。
  2. 松の種の翼はどんな役割を持っているか説明しなさい。また、同様な種にはどんなものがあるか、調べなさい。
「参 考」
 ・科学のアルバム 植物は動いている (清水清 あかね書房)
 ・科学あそびだいすき第2集(科学読物研究会編 連合出版)
トップページへ戻る→
編集:山田暢司