「らくらく化学実験」/Fun Chemistry Experiment

       もっと光を!

「サブタイトル」
 蛍光物質にブラックライトを照射する

「実験概要」
 蛍光物質と言えば、ラインマーカーなどに使われる、あの目立つ色素が有名ですね。液を絞り出して暗い箱に閉じこめ、光を少しだけ当てて、その光りぐあいをじっくり観察してみることにしましょう。ゲーテならずとも、もっと光をと唸ることになるやもしれません。


「画 像」
スリットを通ってくる光      ブラックライトを左方から照射  


郵便物の中には蛍光のバーコードが打ち込まれていることがある。


蛍石 CaF2:火であぶっても蛍光を発する 珪酸亜鉛鉱・方解石・紅亜鉛鉱等を含む鉱物


ウラングラス


蛍石:成分によりやや色に違いがある   蛍石にブラックライトを照射


蛍光物質のサンプル         蛍光物質標本


UV防止クリームで書いた文字は黒く写る  布製品にも蛍光する染料が使われている


UV防止クリームで書いた文字にブラックライトを当ててみると文字部分が光を吸収しているように見えます。
ただし、もともとUVは目に見えないのでUV近接波長の光が吸収されているらしいと推測できる程度のものです。


「動 画」
UV防止クリームで書いた文字にブラックライトを当ててみる


「記録用動画」古い直接リンク動画です
蛍光鉱物にブラックライトを照射 蛍石を砕いて火であぶっても発光する


「準備」「操作」「補足」「注意事項」
WEB非公開

「解 説」
紫外線を吸収し別の可視光線として放出する
 
物質には、紫外線を吸収しやすい分子構造を持つものがあります。蛍光物質と言われるものは、吸収したエネルギーを別の波長の光(より波長の長い可視光線)として放出するので、光っているように見えるのです。同様な現象で、蓄光とか燐光と言われるものがありますが、ゆっくりとエネルギーの放出が行われるため、光を当てるのを止めても、発光が持続します。中には丸一日も光り続けるものもあるようです。
 わざわざ暗箱を作り、横からも観察するのには理由があります。光源は一方向から差し込むだけですが、蛍光物質が
放出する光は全方向になるので、光源からちょうど直角方向から観察すれば、余計な光が目に入りにくいので、光の筋がよく見えるのです。
 紫外線防止クリームですが、市販品の表示を見ると、たくさんの種類があることに気づきます。紫外線を吸収する能力の指標としてSPF値というのが使用されていますので意識してみるとよいでしょう。
 画像では、漂白用紙に日焼け止めクリームを塗るとその部分が光を吸収しているらしいことが観察できます。

「確認演習」

  1. 蛍光と化学発光との違いは何か、説明しなさい。
  2. 洗剤の中に蛍光物質が使われているものがあるが、その目的は何か説明しなさい。
  3. 蛍光物質には他にどんなものがあるか。身の回りで使われている物をいくつか例示しなさい。

【管理者】山田暢司
【管理サイト:トップページ】「らくらく化学実験」/Fun Chemistry Experiment http://rakuchem.com/
【連絡先メアド】rakurakuchem♪gmail.com ※迷惑メール対策:「♪」を「@」に置き換えてメールして下さい
【FB(フェイスブック)活用】実験情報の共有をしませんか?(登録→)