「らくらく化学実験_実験プリントファイル」

<はっとして発火>

化学反応には、急激な発熱をともなうものがあり、物質の組み合わせにより自然発火を起こす場合があります。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

「準 備」 金網 新聞紙 アルミフォイル 砂糖 塩素酸カリウム 試験管+試験管立て+ピペット+濃硫酸

 

「手 順」

 この実験についての詳細「準備・手順・注意・工夫」等については、関連の研究大会等で資料・データ等を配布していますので、その機会をご利用下さい。
 
以下、参考資料のみ掲載します


 

「注意と工夫」「片づけ」

1.     試薬の量は厳守!よけいな物を加えない。

2.     反応がないからといって、上から覗かない。

3.     アルミフォイルはそのまま新聞紙にくるんで廃棄する。

 

「確認演習」

1.     反応後に生成する物質の色から、化学反応式を考えなさい。ただし、濃硫酸は式に加えなくて良い。

 

 

 

2.     濃硫酸の働きは何か?

 

 

3.     反応により、炎が観察されるのはどういうことか?

 

 

 

    番 氏名        

 」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

トップページへ戻る→
編集:山田暢司