らくらく化学実験「演示教材」 銅と硝酸の反応

銅しようと勝手で硝ー!

この実験についての詳細「準備・手順・注意・工夫」等については、関連の研究大会等で資料・データ等を配布していますので、その機会をご利用下さい。以下、参考資料のみ掲載します
激しく反応し酸化窒素のガスを生じる。左は、希硝酸でNOが発生するが、空気中の酸素とむすびついてすぐにNOになる。右の濃硝酸側は、濃緑色の水溶液となるが希釈すれば、アクア銅イオンの青色に!
動 画:銅と硝酸の反応

銅イオン水溶液にアンモニアを加えていくといったん水酸化物が生成するが、過剰に加えることで濃青色のアンモニア錯イオンができる。
トップページへ戻る→
編集:山田暢司