「演示教材」 タンパク質 ペプチド検出反応 

ビウレット反応

※掲載内容は実験のイメージを伝えることを目的としています。操作の詳細は、埼玉県理化研究会化学研究委員会の参加する教育大会、研修会等で資料や電子媒体で配布しております。
繭をゆでて、絹糸を巻き上げる。 アルカリで煮るとアンモニアが発生する
ビウレット反応の概念図。銅イオンにN原子が配位している。
ビウレット反応  出典:ウィキペディア
ビウレット反応は、タンパク質を構成するペプチド結合(アミド結合)を検出反応の一種。ペプチド結合が存在すると銅イオンが反応して紫色を呈する。色の濃さからペプチド結合のおおよその濃度を知ることが出来る。  
トップページへ戻る→
編集:山田暢司