らくらく化学実験/Fun Chemistry Experiment
/実験プリント版


     ちょろいぞコロイド

「サブタイトル」

「実験概要」


「キーワード」チンダル現象 疎水コロイド 透析 凝析 塩析 保護コロイド


「画 像」
チンダル現象                   セロハンで透析
 


「動 画」
透析のセットをつくる作業


チンダル現象:レーザーをを使って



「準 備」判定試薬ビン(0.1 mol/L硝酸銀) 判定試薬ビン(0.1 mol/Lチオシアン酸カリウム 水溶液) 各試薬の水溶液1mLずつ(0.5 mol/L塩化鉄(V)  0.2 mol/塩化ナトリウム 0.1 mol/L塩化カルシウム 2%ゼラチン) 0.1 mol/L硫酸ナトリウム水溶液2mL 蒸留水 レーザー光源 ヒモ 割りばし セロハン1(15×15pくらい) pH試験紙 駒込ピペット2本

「操作」

1.   塩化鉄(V)水溶液2mLを試験管に取る。100mLビーカーABにそれぞれ蒸留水50mLを取っておき、ピペットAを使い、塩化鉄(V)水溶液1mLビーカーAに加える。ビーカーBは、沸騰させてから、塩化鉄(V)水溶液1mLを少しずつ加える。→ すぐに火を止める。

2.   AB(少し冷ましてから)の溶液にそれぞれレーザー光を当てて横から光の通路を観察する。

3.   200mLビーカーを使い、水酸化鉄(V)コロイド溶液50mLをセロハン膜に包み込んで口をヒモで結ぶ。少し温めておいた蒸留水100mLをビーカーに入れ、セロハン包みを割りばしにくくりつけて水に浸けたまま、数分間放置する。

4.   セロハン包みの周りの水を少量ずつ3本の試験管に取る。それぞれ、@pH試験紙でpHの判定をする A硝酸銀水溶液を滴下する Bチオシアン酸カリウム水溶液を滴下する。

5.   セロハン包み中の溶液を試験管4(CDEF)2mLずつ取り分ける。試験管Cには塩化ナトリウム水溶液、Dには硫酸ナトリウム水溶液、Eには塩化カルシウム水溶液を1mLずつ加えて観察する。試験官Fには、ゼラチン溶液を1mL加えて振った後、硫酸ナトリウム水溶液1mLを追加して観察する。

「考察」

1.沸騰水に塩化鉄(V)水溶液を加えてコロイド溶液ができるときの変化を化学反応式で記しなさい。

 2.セロハンによる透析操作を右にイラストを使って説明しなさい。

3.実験結果を下表にまとめ、それにより何がわかるのか説明しなさい。

操作番号

A:塩化鉄(V)水溶液

B:水酸化鉄(V)コロイド溶液(セロハン包み中身)

セロハン包み周りの水

水溶液の色

 

 

 

レーザー光線

 

 

 

@pH判定

 

 

 

 

A硝酸銀

 

 

 

 

Bチオシアン酸カリウム

 

 

 

 

C塩化ナトリウム

 

 

 

D硫酸ナトリウム

 

 

 

E塩化カルシウム

 

 

 

Fゼラチン入り硫酸ナトリウム

 

 

 

 























 ( )( )( )番 氏名(         )


【管理者】山田暢司
【管理サイト:トップページ】「らくらく化学実験」/Fun Chemistry Experiment http://rakuchem.com/
【連絡先メアド】rakurakuchem♪gmail.com ※迷惑メール対策:「♪」を「@」に置き換えてメールして下さい
【FB(フェイスブック)活用】実験情報の共有をしませんか?(登録→)