○理系科目の勉強は本当に大変か?勉強の大変さは効率で判断を!

 試験範囲の特定される定期試験について、よく言われることで気になっていることがある。文系科目は前後の関連が比較的少なく対策が立てやすいのであまり大変ではない。しかし、理系科目は積み重ねなので、簡単に点数を伸ばせないから勉強が大変というものだ。確かに、文系科目、例えば歴史などで、「今回の試験範囲は鎌倉時代〜室町後期まで」と指定されれば、前回テストの出来はさほど問題ではなく、あらたに学習を区切って取組むことができる。対して、理系の化学などは、「今回は酸の強弱〜中和滴定ね」などと言われても、元素の性質、モル、反応式、溶液の濃度など4月からの学習内容がほぼ完全に理解されていることが必須条件のようなもの。これまでの結果から今後の結果が予測できてしまう教科の代表と言われている。

 確かにそういった側面はあるだろう。しかし、教科担当から言わせれば、長期的には文系科目のほうがはるかに「伸ばしにくく」、化学の方がずっと「楽な」科目と断言できる。文系科目は厚ぶったい問題集をやりこなしても高得点を保障してはくれない。特に人気教科はなおさら、みんなが得意として学習法を工夫しているのだ。対して、化学などはどこぞの薄っぺらい基本問題集をペラペラと拾い解きしてみればわかる。センター試験の8割は完答だ。復習も簡単、大問ひとつ取組めば、そこには元素からモル計算、酸塩基〜酸化還元までいろいろな要素が含まれていることが少なくない。つまり、一度に多くの項目を学習することができるのだ。まさに、1を知って10を知る的な科目であって、効率良いことこの上ない。ましてや、みんなが不得手とする科目なので差をつけるのに持ってこいだ。国語の問題で、夏目漱石の小説問題を得意にしたからといって、他の評論や古典の問題に直接応用が効くだろうか?科目による勉強の「大変さ」を考えるときは、ぜひその科目の特性や効率を公平に判断し、安易に好き嫌いの材料にしないで欲しいものだ。

*********************************
ぼやき通信:メニューへ
らくらく化学実験TOP

Script by 山田暢司